野鳥観察しながら浜名湖一周サイクリング

スポンサーリンク

連休を活かしてハマイチしてきました。

浜名湖は野鳥まみれで、結果的には野鳥観察サイクリングになっていました。

以下、参考情報。

始めに

浜名湖について調べてみたら、サイクリングに割と力を注いでいる模様。

立派なwebサイトまである。

ハマイチWEB┃浜名湖一周サイクリング

東京からはかなり遠いが、水辺を走るのが好きな筆者としては気になるところ。

ちょうど連休だったので、車にロードバイクを積んで浜名湖へ向かう。

今回、走ったコースはこんな感じ。

三ヶ日

東京から車で4~5時間くらい走ると到着。

湖周辺には無料の駐車場も多数あるようです。

駐車場は先ほどのサイトを参考にして探しました。

困りごと現地サポートMAP

今回、筆者は都筑公園駐車場を利用。

無料だし高速道路の出口から比較的近かったので。

車の運転だけでそこそこ疲れてしまったが、それも忘れて早速走る準備を始める筆者。

この日の天気はイマイチでしたが、やはり水辺は良いですね。

晴れていたら、もっと気持ち良いんだろうな~。

湖面には大量の黒い集まり。

これは水鳥の群れなのですが、その数が凄まじかった。

超広角レンズの画角に収まらないくらいの数は居た気がする。

水鳥達が一斉に飛び立っていく様子。

この巨大な水鳥の群れが一斉に飛び立っていく様子は壮観でした。

この後も至る所で野鳥を見ることができた。

水鳥の群れを見送った後は、湖を反時計回りで走り始める。

この時点でローディーを多数目撃。

浜名湖は自転車の路面標示がしっかりとある。

これは分かりやすくて良かったです。

筆者はほぼこの路面標示に従って進みましたが、それだけで浜名湖をグルっと1周できました。

逆に、この標識から反れたときは面倒だった。

しかし浜名湖は本当に野鳥との距離が近い。

湖沿いは必ずどこかに水鳥が居て、ここまで多いとは思わなかった。

こんな環境だと良い望遠レンズが欲しくなってしまうので困りますね。

湖西

ここはタダの居住エリアなので、信号や車の交通量が多くて意外と走りにくくてチェーン店が多数並ぶ地方のあるある風景。

コンビニに寄り道したら、このような壁掛けが。

浜名湖周辺にはバイシクルピットが至る所に有り。

新居町

湖西を抜けると一瞬だけ雰囲気の違うエリアがあった。

ここだけ路面標示の色が違ったので、景観に規制のあるエリアのようだ。

弁天島

浜名湖一帯のリゾート地の1つ。

湖面には大きな鳥居がある。

あと浜名湖は海水と淡水が入り交じっている汽水湖のためか、走ってて独特の匂いがあるように感じた。

浅草軒分店

海産物を食べようと思っていたけど、寒かったのでラーメン屋に入ってしまった…

このお店は中華そばと餃子のみの店でしたが、美味しかったです。

しかも餃子は一皿10個からですが、値段は4意外にも400円。

舘山寺~引佐細江

舘山寺エリアの先、引佐細江は浜名湖の北東部エリアのこと。

その先の引佐細江の周辺は湖沿いにサイクリング用の道があるので、走ってて気持ちいい。

浜名湖一周してて一番気持ち良かったのは引佐細江の周辺かな。

終わりに

浜名湖は野鳥との距離が常に近かったのにはビックリ。

天気はイマイチでしたが、普段とは一味違うサイクリングができて良かったです。

浜名湖で一眼カメラを持って走るなら、望遠レンズとテレコンバーターがあった方が撮影が楽しくなるかもしれない。