【FDA】サプリメントでFDAって言葉をよく聞くけど、FDAって何?

スポンサーリンク

FDA

最近の筆者はサプリメントの摂取を推奨しようと全く思っていませんが、
サプリメントでよく聞くFDAとはいったい何なのでしょうか?

●FDAとは?

FDAとはアメリカ食品医薬品局の略”であり、アメリカ合衆国の政府機関のことです。

FDAは米国で販売される食品、飲料、化粧品、医療機器、薬品、放射線機器、獣医動物関係製品を管轄し、FDAは国民の健康を守るために日々腐心しています。

FDAの責務は医薬品および動物用医薬品、生物学的製剤、医療機器、国内の食糧供給、化粧品、そして電磁波を放出するような製品の安全性と有効性を保証することによって国民の健康を守ること。加えて、医薬品や食品をより効果的に、安全に、そしてより安価にするための技術革新を加速させることによって国民の健康を増進すること。そして国民が自らの健康を増進するために必要な医薬品や食料に関する正しい、科学に立脚した情報を国民に与えることといっています。

筆者自身も医療関連の仕事に従事しているため、FDAについての話は聞いたことがあります。

FDAの審査はとにかく厳しいんだとか。

またFDAは非常にオープンで、多くの情報を開示しているとのこと。

何か調べたいことがある場合はFDAのウェブサイトで検索してみることをオススメします。

(当然英語です)

ではサプリメントに対してはFDAはどうしているのでしょうか?

FDAは製造工場や販売メーカーに対して強い権限を持っているらしく、この強い権限によって、アメリカの栄養補助食品は公的機関による「監視・検査」確率は非常に高いと言われているようです。

FDAは商品製造工場や販売メーカーへの抜き打ち検査等によってサプリメント治験・承認、製造から販売まで厳しいチェックを行っているとのこと。

またFDAは、FDAが設定した適正製造基準(GMP)を全サプリメントメーカーや原材料メーカーの生産工場に対して必須要件としています。

市場に流通させるサプリメントはGMP取得工場で生産されてなければいけません。

加えて、全メーカーに対して「製品安全性」を保障する義務も負わせています。

新規サプリメント成分、またはそれを含む場合は販売前にFDAに登録する必要があります。

このとき、企業は新規サプリメント成分が安全かどうかの責任を負う必要があり、新規サプリメント成分が安全であるという科学的根拠を提供できなければなりません。

ただ、FDAはサプリメントの商品ひとつひとつに対して認可や承認を行っている訳ではないとのこと。

FDAはメーカーへ製品安全性を保障する義務を負わせていますが、FDAが製品の安全性を確認している訳でないみたいですね。

またDSHEA(栄養補助食品健康教育法。1994年成立)以前に米国で販売されていたサプリメントに含まれる成分はFDAの認可を必要としていません

少し話がそれますが、FDAは食品の異物混入レベルについても安全基準も設けています。

この基準をみればわかると思いますが、FDAの基準は非常に明確です。

一般的な人は、この基準内容を知れば大体驚きます。

当然、科学的な根拠に基づいた基準なのでしょうね。

人の体は意外と丈夫なようですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする