那須高原ロングライドのヒルクライム100kmに参加してきました

スポンサーリンク

貧弱な精神しか持ち合わせておらぬ筆者は練習ばかりだと、すぐにポキ泉くん状態になってしまうので、息抜きとして久々に遊びに行くことにしました。

というわけで、那須高原ロングライドに参加してきました。

那須高原ロングライドとは

詳細は下記の公式ページ内容参照。

那須高原ロングライド2016with那須ブラーゼン&宇都宮ブリッツェン

今回、筆者はヒルクライム100にエントリー。

↓コースはこんな感じです。

100kmで1900mUPのコース。サイクリングにしては過酷。

んで走ってみて思ったこと。

那須高原ロングライドはいいぞ!

小学生並みの感想になりますが、最高に楽しかったです。

以下、ざっくり那須高原ロングライドについて。

サイクリングイベントの最高峰

筆者は今回がロングライド系イベント初参加、他のイベントには詳しくないのですが、それでも那須高原ロングライドは本当に良かったと言えます。

話を聞く限りでは那須高原ロングライドを超えるイベントは存在しないように思えます。

個人的に良かった点をまとめてみると下記4点。

①景色がとても良い

那須高原は有名な観光地なので、当然のように景色は良かった。

②エイド(補給所)がとても充実している

他のロングライド系イベントに比べて、那須高原ロングライドはエイドで振舞われる食べ物がとても充実しているとのこと。

筆者は今回、ヒルクライム100の全てのエイドに立ち寄りましたが、その通りだと思いました。

特にうなぎり鰻のおにぎり)は最高に美味かった。

筆者は鰻がそこまで好きではありませんでしたが、これは本当に美味い。

うなぎりを食べるためだけに参加する価値はあります。

ただ、立ち寄るエイドは絞った方が良いと思います。

エイドに立ち寄る度に意外と食べちゃうんですよね。

それで後半お腹一杯になってあまり食べれなくなってしまう恐れあり。

そう、今回の筆者のようにならないために・・・

③自転車レースのプロ選手と一緒に走れる

個人的には、那須高原ロングライドが他のロングライド系イベントと一線を画する理由がこれです。

ロードレースのプロチーム、宇都宮ブリッツェン那須ブラーゼンの選手が一緒に走ってくれます。

各選手達は基本的にゆっくりペースで走ってくれます。

つまり、那須高原ロングライドでは走りながらロードレースのプロ選手と話せる機会がある。

速く走れるようになりたい人にとっては大きなチャンスです。

筆者も色々とお話してきました!

しかしプロ選手なので時々マジで速い(汗)です。

超高速で鬼引きされた経験は一生忘れることはないでしょうね!

④地元の人達の手厚いおもてなし

エイドに加えて、地元の人達が所々で手や旗を振りながら声援を送ってくれます。

これが想像以上に心地よく楽しいので、こちらも手を振って応えましょう。

つまり何が言いたいかというと

ロードバイクを所有している人は絶対に、那須高原ロングライドに1回は参加してみた方がいいと思います。

那須ロングライドでは参加者のレベルに応じて、コースが何パターンか用意されています。

今年は35km~100kmで6種類のコースが用意されていました。

長めのコースは結構登りますので、自分が完走できそうなコースでエントリーするのがオススメですよ。

ただ、大変人気なイベントのため、エントリー開始日に申し込んでおかないとすぐにチケット売り切れになってしまうみたいです。

次回記事は、那須高原ロングライドレポになりそう。

那須高原ロングライド2016レポ:前日その1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする