ロードバイクと健康診断結果と血液

スポンサーリンク

健康診断

最近、健康診断を受けました。

ロードバイク趣味は健康診断にどう影響するのか?

ロードバイクに乗り始めて1年ちょっとが経ちましたので、結果から考えてみようと思います。

結論から書きますと私の場合、体重と中性脂肪は低下しましたが、悪化した項目もありました。

ただ、悪化した項目の原因についてはロードバイク趣味以外にも心当たりがあります。

筆者のスペック

性別:男
年齢:27歳
お酒:ほとんど飲まない
タバコ:吸わない
残業:40~100時間
休日:月に6日くらい

2014年の3月からクロスバイス通勤片道3km
2015年の3月からロードバイク通勤片道3km

2016年からはプロティンを毎日飲んでいる。

毎月の走行距離

2015年7月からGPS付サイクルコンピュータを購入したので、走行解析WebサービスのStravaへデータのアップロードを始めました。

Strava上のデータを集計してみると、走行距離は下記の通り。

・2015年

07月:235km
08月:162km
09月:593km
10月:664km
11月:737km
12月:963km

※7月以前の記録はないですが、毎月200kmくらいの走行距離

・2016年

01月:867km
02月:680km
03月:1034km
04月:868km

見返してみると、それなりの距離を走っていたようです。

通勤やちょっとした買い物などの移動時のデータを取っていないので、実際の走行距離よりは毎月200kmくらい少ないかもしれません。

2015年10月に新車を購入、パワーメーターを装備したので、その前後で乗る頻度が増えています。

平日に1日軽く、日曜日にガッツリライドするといった状況です。

健康診断結果

以下に項目別で記載します。

体重

体重

↑は筆者の計測結果です。

去年はメタボでしたが、ロードバイク趣味と軽い食事制限の影響か、体重は標準体重近くまで落ちました。

胸囲も10cm近く落ちています。

体脂肪も5%近く低下しましたが、筆者はお菓子が好きでよく食べていますので、お菓子を食べることを止めれば体脂肪はもっと落ちたのかもしれません。

血圧・コレステロール・肝機能

コレステロール

血圧は正常値内ですが、10近く上昇しました。

また総コレステロール流も正常値内で増加しました。

HDLコレステロール(善玉)は増加、LDLコレステロール(悪玉)は少し減少。

プロティンとお菓子、それとも仕事のストレス?の影響なのでしょうか?

肝機能はメタボが改善した影響か、基本的には良好な結果でした。

ただALPが正常値内で上昇しました。

(ALPは値が高いと肝障害や胆道疾患の疑い有り)

プロティン摂取の影響なのかもしれません。

代謝系・血液一般

血液

メタボ改善の影響か、空腹時血糖は低下しました。
(それでもまだ高めな気もしますが・・・)

尿酸値は正常値内ですが、少し増加しました。

プロティンを毎日摂取しているので、もう少し高くなるかと予想していましたが、思ったより影響はなさそうで、ちょっと意外な結果でした。

問題は血液です。

前回は正常だったヘモグロビン数が低下正常値から多少はずれました。

ヘマトクリット値も低下しています。

最近、立ちくらみが酷くなったなぁ・・・と思っていましたが、原因はこれかぁ!

これはロードバイク趣味によるスポーツ貧血気味なのかもしれません。

アスリートのような過酷なトレーニングはこなせませんが、休日は150km近く走ることも多かったです。

また、筆者はケロッグのオールブランやローソンのブランブレッドを頻繁に食べていました。

なんかネット上だと、食物繊維はミネラル吸収を阻害するという噂もあってですね・・・

なので食物繊維の摂り過ぎによるミネラル吸収阻害の可能性もあるのかなと思っております。

 

まとめ

ロードバイクに乗り始めて、体重は減りましたが、血液機能も低下しました。

何事もやり過ぎは良くないのでしょう。

普段から鍛えている人達からみれば、全然ショボいライドしかできていないはずなのですが、貧弱な筆者の肉体には過酷すぎたようです。

血液機能が低下してましたので、これからは食事内容を少し見直してみようと思います。

あとプロティンに加えて鉄分を意識して摂取していこうと思います。

けど鉄分を意識して摂取するのは中々大変そう。

とりあえずIT技術者ロードバイク日記でも紹介されていたサプリ、試してみようと思います。

あまりサプリメントに頼りたくありませんが、ここまでくると頼らざるを得ないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする