ロードバイクにパワーメーターは別に無くてもよさそう

スポンサーリンク

パワーメーター

筆者はロードバイクにパワーメーターを装備していますが、パワーメーターで得られたは情報はあくまで指標程度として見た方がいいと話を聞きました。

理由を聞いてなるほどなぁーと思ったのでメモ書き程度の情報として残そうと思います。

パワーメーターは筆者のような素人には必要ないかもしれません。

しかしパワーメーターにはロマンが詰まっている・・・

重要なのはパワーよりも速度やタイム

これはうっかり見落としていました。

高いパワーや高効率が、必ずしも速いスピードに繋がるとは限らないとのこと。

筆者もパワーメーターを使い始めてからパワーにしか意識が向いていませんでしたので、認識を改めようと思いました。

パワーメーターは歪みセンサーによってペダルに掛かっている力を計測しています。

パワーメーターの基本的な計算式は「ペダルに掛かる力×ケイデンス」らしいので、パワーの計測結果はスピードに直結している訳ではなさそうです。

いくらパワーが出てても高速巡航が維持できなければ意味ないですもんね。

理想は低いパワーで速く走ること

どんな人だろうとパワーを出し続ければいつか疲れてしまいますよね。

パワーは有限なので、小さなパワーで如何にして速いスピードを出して維持し続ける方が大事とのこと。

楽して速いスピードで走れる方がいいですもんね。

素人の筆者は力みすぎているだけかもしれません。

特に重要らしいのは、速度に対してパワーがどうだったか

筆者よりも低いパワーでメチャクチャ速い人とかもいますので、そういうことなんだと思います。

しかしそれには色々なカラクリがあるらしい・・・

パワーを抑えるには、如何にしてペダルを歪まさせずに回せるかどうかということです。

パワーの計測値はあくまでも参考情報

計測精度の問題もありますし、上記の通り、パワーメーターは速度に対してパワーがどうだったかを確認するためのものと考えた方がいいのでしょう。

そのような分析が必要になってくるのは、かなり走り込んでいる且つ本気でレースで勝ちたい人だと思います。

なので、それ以外の人にとってパワーメーターは不要かもしれません

パワーメーターが無くても自分の実力は確かめられる

自分の実力は実はパワーメーターが無くても大体は知ることはできるらしい。

それは、どの重さのギアを何分間、どのくらいのケイデンスで回せるかどうかで決まってくるそうです。

確かに速度はギア歯数とケイデンスで決まってくるので、それだけ知っておけば自分が維持できる速度粋がわかりますもんね。

パワーメーターを買ってしまった筆者が言うのも難なのですが、筆者の場合は高価なおもちゃで終わってしまいそうです(汗)

レース上位入賞者は当たり前のように単独でも40km/h巡航してきますので、パワーメーターはそれができるようになってから導入しても遅くはなさそうです。

筆者の場合、まずは兎に角、目標速度を維持する練習に努めたほうがいいのでしょう。

それでもパワーメータが欲しいという人はWiggleなどの海外通販などで価格を抑えて購入するのが良いでしょうね。

よかったら下記リンクからどうぞ。

Pioneer – ペダリングモニターセンサー (Ultegra 用)

Pioneer – Pioneer サイクルコンピュータ

走行中はパワー計測値を見ない方がいいかも

ちなみに筆者は最近、ライド中にパワー計は見ないようにしています。

筆者の場合はライド中にパワー計をみると、無意識に力をセーブしてしまうことに気づいたからです。

これはレースではいいかもしれませんがトレーニングではよくないなー、と思ったのでパワーの計測結果はライド後のみ見るようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする