水を多めに飲むことはダイエットや筋肉に対して有効か?

スポンサーリンク

水

先日、運動するなら水は多めに摂った方が良いという話を聞きました。

しかも水はダイエットにも活かせるようです。

ということで早速、水とスポーツやダイエットについてまとめてみました。

①食事前にコップ1杯の水

食欲を抑えるために、食前にグラス1杯の水を飲みましょう

食事の前に水を飲むダイエットは本当に効果がある(特に35歳以上)

食事の前にコップ1杯の水を飲むことでダイエット効果が得られるようです。

満腹感も得られやすくなるらしい。

②水を多めに飲むこと

医師が忠告「本当に必要な水の飲み方」とは

興味深いことに、統計的に1%の水の摂取の増加は、8.6kcalの総カロリー摂取量の低下に関連することがわかったようです。

当然のことかもしれませんが、水を多めに飲むことで脱水は起こりにくくなります。

筋肉の多い人の方が体水分率が高い傾向があるらしく、脱水を起こしにくいとか。

このようなことからも適度な運動は体に良いと言えるらしい。

③水は筋肉に影響を与えるらしい

少し胡散臭いですが、下記のような記事も見つけました。

水は筋肉づくりの最重要栄養素!

水分が不足すると、筋力の低下などに大きな影響があるらしい。

筋肉の成長をうながすホルモンの状態にもマイナスの影響がおよぶ可能性があるという。

また脱水気味になると、体脂肪の増加が進む可能性もあるらしい。

水を4Lは飲みすぎでは?と思ってしまいますが、激しい運動をする人はそれくらい摂取する必要があるのかもしれないですね。

体づくりのために、栄養素やサプリメントばかりに目がいっていましたが、水の摂取量は意識した方が良さそうです。

筆者もあまり意識していなかったので、これから水分は少し多めに摂ってみようと思います。

ただ、下記のような記事もありますので、摂り過ぎも良くないとは思います。

【水飲め裁判】みのもんたを訴えた87歳女性の“言い分”

高齢者が食事とは別に1日2リットル水を飲むのは、心臓に大きな負担になるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする