HMBのサプリメントで知人のFTPパワーが凄いことになっていた件

スポンサーリンク

HMBのサプリメントを飲んでいた筆者のロードバイク仲間のFTPパワーが凄いことになっていた件。

筆者は引き摺りまわされて脚が終わりました(泣)

という訳でHMBのサプリメントについて調べてみました。

HMBとは

HMB(ヒドロキシメチルブチレートまたは3-ヒドロキシイソ吉草酸)は、必須アミノ酸であるロイシンを体内で分解するときに生成される化学物質であり、日本でも販売許可されている成分とのこと。 

バリン・ロイシン・イソロイシンの3種類が組み合わさったものはBCAAとしてサプリメントで販売されていたりしますよね。

そのBCAAにも含まれているロイシンの代謝物がHMBですね。

ただ、ロイシンを摂取してもHMBは体内で生成されるのはごく僅からしいので、HMBを直接摂取しようという考えがでてきたのでしょうね。

HMBの効果

証拠不十分ではあるが、HMBは筋力を強化してくれる可能性があるらしい。

いくつかの研究では、激しい運動や練習中にHMBを単独または他のサプリメントと一緒に服用することで筋力増量、体組成の改善、筋肉の損傷が軽減されることが示唆されているとのこと。

しかしHMBの筋力への有用性については相反する証拠もあるらしい。

他の研究ではHMBが効果が無いことを示唆しているらしく、相反する結果の理由は完全には明らかではないようだ。

HMBは訓練を始めたばかりの人の方が、訓練を受けた選手よりも効果を得やすいという証拠がいくつかあるとのこと。

HMBの副作用・安全性

HMBは短期間の経口摂取である場合、ほとんどの人にとって健康に対する影響はないとのこと。

1日あたり3グラム以下の用量で、8週間までの摂取は安全であるというデータが海外にはあるようです。

ただし妊娠中または授乳中の女性への安全性に関する十分な信頼性の高い情報はないとのこと。

知人がHMBを服用してみた結果・・・

そのロードバイク仲間とは半年ほど会っていなかったのですが、久々に練習会で遭遇しました。

元々ガッチリとした体格の持ち主でしたが、気のせいか以前よりマッチョになっているような・・・

そんなこんなでアップダウンと短い平坦区間を周回するコースで練習開始しましたが、その短い平坦区間を50km/hの速度でずっと引きずり回されましたよ。

怪我から復帰したばかりの筆者はまったく付いていくことができず(泣)

彼はプロティンの摂取を完全に止めて、HMBの摂取へ切り替えたとのこと。

半年前はFTP280[W]程度と聞いていましたが、今は320[W]あるとのこと。

ひえー40[W]も向上している・・・恐ろしや・・・

ただ彼は、HMBの摂取に加えて、トレーニングストレススコア(TSS)が1週間で500前後になるような短時間高強度トレーニングも同時にしていたとのこと。

HMBのサプリメントは短時間高強度トレーニングと相性が良いのかもしれませんね。

海外製のサプリメントが気になると思った方は下記リンクからどうぞ。

下記リンクを通して商品を購入する場合、5%割引が自動適用されます。

iherb-logo

iherb.com – iHerb – 日本公式サイト‎

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする