弱ペダ作者の渡辺航先生のロードバイク

スポンサーリンク

弱虫ペダル 50巻到達記念 複製原画展

先日、弱虫ペダル50巻到達記念の複製原画展があったのでフラっと行ってみました。

そこで作者である渡辺航先生のロードバイクも展示公開されていました。

筆者としてはむしろこっちの方が気になってしまったもので・・・

渡辺航先生のロードバイク

写真撮影がOKだったので撮ってきました。

先生はやはり良いロードバイクに乗っていますね。

おそらく新車だと200万円くらいの価格になるロードバイクです。

以下、先生の機材詳細について。

フレーム

フレームはコルナゴのC60。カラーはイタリアンホワイトですな。

コンポーネント

コンポーネントはカンパニョーロ社のスーパーレコード一式

もしかしたらEPS仕様?

コルナゴのコンポーネントキットから選択したのでしょうね。

ホイール

ホイールはカンパニョーロ社の雨天時でもブレーキ制御に優れるシャマルミレ

Campagnolo – Shamal Mille (シャマルミレ) アロイクリンチャーホイールセット

このホイールは超ハイエンドモデルという訳ではないので、先生にとってこれは普段使い用のホイールなのかな?

レース用のホイールもおそらく別に持っているのでしょうね。

ペダル・ボトルゲージ・サドル

ペダルはパワーメーター付ペダルであるガーミン社のベクター

なので使用クリートはLOOKですね。

ボトルゲージはELITEですが、カーボン製のハイエンドボトルゲージですね。

↓たぶんこれだ。

サドルはセライタリア。

完成車に元から装着されていたサドルだと考えられます。

シューズ・ヘルメット

シューズはNorthwaveのハイエンドモデルであるExtreme。

Northwave – Extreme ロードレースシューズ
筆者も実はNorthwaveのミドルグレードモデルを使っています。

ヘルメットはCatlikeのKOMPACT’O

小野田坂道モデルですね。

展示会の様子

今回の展示会は飯田橋にて開催。

展示会の様子は以下の通り。

こちらも写真撮影はOKとのこと。

↑筆者の一押しキャラである御堂筋くん。

会場は女性ファン達で賑わっていました。

というか、その時の会場にいた男は筆者一人だけでしたね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする