千葉競輪場で競輪を見てきました

スポンサーリンク

そういえばトラックレースと言えば競輪ですよね。

という訳で、筆者の地元にある千葉競輪場でレースを見てきました。

車券はよくわからなかったので購入しておりません(笑)

千葉競輪場

千葉競輪場はJR千葉駅から歩いて少しのところにあります。

最寄り駅は千葉都市モノレールの「千葉公園駅」。

3/24~3/26はちょうどレースが開催していました。

千葉競輪場の入場料は100円。

一度お金を支払えば、当日は出入りが自由に可能。

競輪場の裏には救急車が待機。

競輪は公営ですし、レース中に落車が発生する可能性は高いですもんね。

競輪選手ってある意味公務員なのかも?とも思った瞬間でした。

ちなみに競輪場内は許可を頂いている方以外、基本的に写真撮影禁止らしい。

残念に思いましたが、競輪はレース結果に対して審議することが多々あるようなので、判定を覆すような写真を外部から持ち込まれると厄介なのでしょうね。

早速100円払って中に入ってみましたが、思ったよりは人が少なく、割と静かです。

まあ、筆者は人が少ない方が好きですけどね。

しかし人が少ないのは千葉だからですかね?

立川競輪場ならもっと人が多いのでしょうか?

しかし人が少なくても競輪場は賭場。

謎のピリピリした雰囲気はやはり漂っていますね。

レース

レースは30分に1回程度、計12レースくらい行われるようです。

競輪のレース距離は約2,000mであり、超短距離レース。

しかも途中までは先導員が先頭を走りますので、レースが一気に動くのはラスト2周あたりからの模様。

ですが、そこからレースが急激に展開されるのは熱かったですね!

千葉競輪場は静かだったので、競輪選手が通過する際の風を切る音もよく聞こえました。

常に50km/h以上は確実に出ていそう。

ガールズケイリンが人気?

競輪は男性の競技ですが、ガールズケイリンという女性部門もあるらしい。

ガールズケイリン – Wikipedia

ガールズケイリン・・・略してガルケイ?

筆者が訪れたときはガールズケイリンも開催していましたが、ガールズケイリンのレースの方が観客が盛り上がっていましたね。

ガールズケイリンの方が人気のようだ。

競輪とはルールが少し違うらしく、ガールズケイリンの機材はTTバイクっぽいエアロ形状をしていたので面白いと思いました。

競輪やガールズケイリンなどのトラック競技も色々と調べてみると面白そうです。

千葉競輪場をロードバイクで走ることも可能

千葉競輪場は一般人向けに開放している日もあり、ロードバイクで競輪のトラックを走ることも可能ですね。

詳細は下記URL参照。

千葉サイクルクラブ

千葉サイクルクラブ

筆者も一度トラックを走ってみたいので、今度走りにいってみようかしら。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする