黒田雪成について【黒猫】

スポンサーリンク

弱虫ペダル 39 (少年チャンピオン・コミックス)

箱根学園の現エースアシストで副キャプテンの黒田雪成(くろだゆきなり)選手について。

黒田雪成とは

黒田さんは初登場時はモブキャラでしたが、現在は箱学の副キャプテン。

自転車競技部へ入部した当時は荒北さんにクソエリート呼ばわりされて反発、自転車で勝負を挑むが敗北してプライドを打ち砕かれますが、その後はプライドを捨てて、荒北さんに頭を下げてまで教えを乞いたりしながら練習に励みます。

しかし1年目インターハイのレギュラーの座を掛けた部内選抜戦では真波くんに千切られて惨敗しインターハイには出場できませんでしたが、それでもチームへの貢献に徹し、2年目インターハイでは副主将としてチームを引っ張っていく存在になります。

なお、現キャプテンである泉田塔一郎とは幼馴染のようだ。

黒田雪成のロードバイク

黒田さんのロードバイクの元ネタはKUOTA(クオータ)

アニメ公式サイトのキャラクター紹介より、フレームはKUOTAのKOMというモデル、コンポーネントはシマノ10s時代のモノを使用していると考えられます。

作中で黒田が限界ギリギリの速度でコーナーを攻める際に「暴れんなよクオータ!」というセリフもあったりします。

KUOTAと言えば、ラグジュアリーさを感じさせるフォルムを前面に押し出したバイクのKIRALがあり、どちらかと言えば軟派な印象を受ける自転車メーカー。

なのでKUOTAは黒田さんの”自分に陶酔していた過去”を表現しているバイクなのかもしれません。

ちなみに2017年度はチーム右京がKUOTAのバイクを使用しています。

脚質

現在はエースアシストを勤めていますが、本来の脚質はクライマー。

そして猫足とも呼ばれる非常にしなやかな筋肉を生かし、強力な走りを見せてくれます。

また全力を出す際には左耳付近にある古傷のカサブタを剥がすという行為を行います。

この古傷は黒田さんのプライドに関わる怪我によってできたモノらしい。

カサブタを剥がすことによって全力を出せるというのは、ある意味五郎丸ポーズと同じようなモノなのでしょうね。

黒猫の元ネタ・モデル?

黒田さんの黒猫と届け屋の異名って、クロネコヤ○トの宅急便から引っ張ってきただけ・・・?とも思いますが、オスカル・フレイレという自転車プロロード選手が”The Cat”の異名を持っています。

オスカル・フレイレはスプリンタータイプの選手。

スプリンターにしては身長171cmとかなり小柄ですが、圧倒的なスプリント力で世界選手権を3度も制覇している偉大な選手です。