【区間別データ】初心者のツールド・おきなわ市民140km完走データ【脚が攣った後】

スポンサーリンク

脚が攣る前のデータの続きです。

ここからは脚が攣ったままの状態でゴールまで走ったデータになります。

普久川下り2回目~学校坂入り口


・平均斜度 : -4.1[%]
・スピード : 平均37.5km/時 最高66.5km/時

・心拍数 : 平均129[bpm] 最高163[bpm]
・ケイデンス : 平均76[rpm]
・パワー : 平均91[W]
・温度 : 平均22[℃]

この下り区間で攣った脚をなるべく休めようとしました。

ケイデンスも下りの割には高めの数値。

少しでも脚を回して回復を試みてたんだと思います。

ただドリンク補給所区間の登り返しで心拍数とパワーが上がってしまってますね。

ここでも脚を地面に着いてしましましたが、まだ250Wくらいのパワーは出せていました。

学校坂

・平均斜度 : 3[%]
・スピード : 平均37.5km/時 最高66.5km/時

・心拍数 : 平均155[bpm] 最高165[bpm]
・ケイデンス : 平均78[rpm]
・パワー : 平均186[W]
・温度 : 平均24[℃]

気温が一気に上がってきてます。

しかも学校坂は前半1.8kmの平均斜度が7%あり、既に攣っている脚にとって非常に辛い区間です。

筆者は登り始めで脚が大破して一時停止。

この辺りから登りで平均パワー210W程度、ケイデンス75rpm程度しか出せなくなってきます。

速度にして11km/h前後です。

この値が、このときの筆者が攣り状態の脚で出せる限界のようでした。

走るペースを上げられなくなったので心拍数も170bpm以上まで上がることも無くなります。

呼吸と心臓にはまだ余裕があったんですけどね・・・

~宮城関門

・平均斜度 : -0.9[%]
・スピード : 平均33km/時 最高59km/時
・心拍数 : 平均138[bpm] 最高165[bpm]
・ケイデンス : 平均83[rpm]
・パワー : 平均132[W]
・温度 : 平均26[℃]

気温は上がりっぱなし、この区間から記憶が曖昧です。

下り基調の道のためか、平均速度は33km/hと思ってたよりは速かったです。

感覚的には25km/hくらいだと思っていました。

脚は相変わらず攣りっ放しで、ここでも脚を着いちゃってます。

何発かある登り返しでは、やはり平均パワー210W程度、ケイデンス75rpm程度しか出せておらず。

宮城関門は3時間15分くらいのタイムで通過。

~安部関門

・平均斜度 : -0.2[%]
・スピード : 平均26.5km/時 最高70km/時

・心拍数 : 平均142[bpm] 最高163[bpm]
・ケイデンス : 平均78[rpm]
・パワー : 平均140[W]
・温度 : 平均27[℃]

下り基調が終わったので、平均速度が下がっています。

安部関門は4時間5分くらいのタイムで通過。

この区間には有銘の登りを含めて0.5~1.5km程度の短い登りが4箇所ありますが、どれも斜度5~7%とキツイ。

筆者はこの辺りの登りから平均パワー200W以下、ケイデンス70rpm以下しか出せなくなり、脚が確実に終了し始めています。

~羽地ダムの手前

・平均斜度 : -0.2[%]
・スピード : 平均32km/時 最高62km/時

・心拍数 : 平均135[bpm] 最高153[bpm]
・ケイデンス : 平均78[rpm]
・パワー : 平均140[W]
・温度 : 平均27[℃]

平坦区間があるので平均速度が少し上がっていますが、平均パワー140W程度と相変わらずの状態。

~羽地ダムの登り

・平均斜度 : 7[%]
・スピード : 平均11km/時

・心拍数 : 平均145[bpm] 最高157[bpm]
・ケイデンス : 平均66[rpm]
・パワー : 平均165[W]
・温度 : 平均30[℃]

気温はピークに。

羽地ダムの登りでは転倒する人が続出するという話の意味がここでやっとわかりました。

筆者もここで脚が本当に駄目になったので、数値も悲惨。

漕ぎ方も滅茶苦茶になり、そのためデータも滅茶苦茶。

ケイデンスとパワーが今までより低いのはダンシングで登ったからだと思います。

~川上関門

・平均斜度 : -1.7[%]
・スピード : 平均31.4km/時

・心拍数 : 平均140[bpm] 最高163[bpm]
・ケイデンス : 平均72[rpm]
・パワー : 平均135[W]
・温度 : 平均26[℃]

川上関門の時刻が迫っていたので必死に走っていた記憶があります。

が、データでみると安部関門あたりの数値と大差ないですね(悲)

トンネル通過後の登り返しがとても憎かったです。

~ゴール

・平均斜度 : -0.2[%]
・スピード : 平均29km/時

・心拍数 : 平均128[bpm] 最高155[bpm]
・ケイデンス : 平均78[rpm]
・パワー : 平均125[W]
・温度 : 平均26[℃]

ギリギリで川上関門を突破した後のデータです。

ちなみにジャスコ坂でも脚を着いちゃってます。

ここまでまとめといて難なのですが、脚が攣った後のデータって見るに耐えないほど酷くて何だか悲しくなってきました・・・

以上、区間別データでした。

データからもわかるように、脚は一度攣った時点でおしまいですね。

筆者は攣る前と攣った後では、平均パワーが60Wくらいの差がありました。

改めて、如何にして脚を攣らせないで最後まで走るか、そのような体作りが本当に重要だと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする