初心者のいきなりツールド・おきなわ市民140km挑戦記【ゴール後】

スポンサーリンク

つづき。

やっと書き終わったクサくてクソみたいな文章がもうちょっとだけ続くんじゃよ。

レース後

脚がまともに動かせません。

※東京に戻ってから診てもらったところ、筋繊維が切れすぎて筋挫傷みたいになっているとのことでした(泣)

レース翌日は自走で沖縄観光しようと考えていた筆者はアホでした。

暫くはまともに走れそうにないので、ロードバイクは東京へ発送することにします。

とりあえずエース様さんとキャノンボールさんと合流、ホテルから発送した荷物を荷物受取所へ取りへ、荷物を受け取った後はロードバイクの配送手配をします。

荷物受取所の隣にちょうど宅配業者ブースがありました。

物凄く並んでいるなと思ったら、これは帰りも飛行機輪行する人達の列らしい。

ロードバイクを空港まで事前に運ぶための列だとか。

ちなみに自宅まで直送する人向けの列は割と空いていたので直ぐに手配できました。

さらに今日はツールドおきなわの特別価格で配送してくれるとのこと。

保険込みで東京まで9,000円くらいの配送料金で済みました。ありがたいですね。

通常なら倍くらいの値段になると思います。

バイクの配送手配後、エース様さん達はバスで空港まで移動するとのこと。

筆者は明日帰る予定なのでここでお別れです。

エース様さん、キャノンボールさん、初参加の筆者を色々と助けて頂きありがとうございました。

エース様さん達と別れた後は、とりあえずエネルギー補給をするために食事をしに。

沖縄と言えばA&Wらしいので。

ハンバーガーとカーリーフライとルートビアです。

ルートビアは噂どおり、お薬の味がしました。

その後は宿泊先へ。

今日はホテルリゾネックス名護という場所に泊まります。

ホテルの部屋に到着後、まずは汗を流すためにシャワーを浴びますが、疲労で全身の火照りがすごくて温水がキツイ・・・

温水シャワーがキツイという感覚は初めてです。

なので温水ではなく冷水を浴びて体を冷まします。

シャワー後は夕食を食べに。

しかし18:00くらいには閉まっている店が多いようだ。

さすが沖縄時間。

まだ営業してそうな店までレンタカーで走り、とりあえずソーキそばを食べました。

食事後はホテルへ戻りますが、疲労で体のダルさがすごいので直ぐに寝ることにします。

明日は朝起きられるのだろうか・・・

レース翌日

何とか4:30に起床。

今日はできるだけ沖縄観光するぞ。

脚はうまく動きませんけどね。階段の上り下りがうまくできません(泣)

ツールドおきなわの復習も兼ねて、まずは辺戸岬へ向かいます。

日の出は7時くらいなので、辺りはまだ真っ暗ですが、適当にレンタカーで走っているうちに辺戸岬へ到着。

良い朝ですね。今日も天気は良さそうだ。

他にも観光客が2~3人いましたが案の定、ツールドおきなわ参戦者でした。

しかもここまでロードバイクで自走の模様。ハンパないですね・・・

朝日を拝んだ後は昨日のレースで走った道を今度はレンタカーで走ります。

普久川ダムの登り・・・レンタカーで走っても中々長く感じるなぁ。

学校坂・・・やっぱり斜度がキツイ(笑)

宮城関門から先・・・割と記憶が飛んでますね。

記憶にない登り返しがたくさんあります(驚)

次回、同じ状況に陥ったとしたら完走できる気がしません。

あの状態でよくこんなに起伏の激しい道を走りきったなぁ(自画自賛)

途中、道路を走っていると交通整理員に止められる。

ちょっと先の道の脇に、車が大量に駐車している。警察の車もある。

聞いてみると、ここはちょうどアメリカ軍練習場の横であり、その前でデモが行われている。

もし昨日のレース中にデモされていたら大変なことになっていたでしょう。

その後は古宇利島の橋を渡ってみたり、美ら海水族館に行ってみたり、キングタコスを食べにいったり、海中道路を走ってみたりしました。

天気が良い中、沖縄本土をドライブするのは最高ですね!

というか、歩き回るのが非常に辛いのでほとんどドライブになりました(笑)

※あまり写真を撮っていなかったので、海中道路と古宇利島はフリー画像より。

レンタカーで走り回った後は、首里にあるお店、「本家新垣菓子店」の”ちんすこう”を注文しにいきました。


この本家新垣菓子店の”ちんすこう”は予約しないとその場で買えないとか。

早速お店に訪れてみましたが、筆者は予約していなかったので、やはりその場では購入できず。

当初の予定通り、ここで注文、発送してもらうことに。

発送は2週間後くらいになるとのこと。大人気ですね。

その後はサーターアンタギーが美味しいという噂の”優美堂”に向かおうとしましたが、道路の混雑と昨日の疲労の影響で、レンタカーの運転にも疲れてしまいました。

観光するのにも疲れたし、ちょうど見たい映画があったのでレンタカー返却後は「ゆいレール」に乗って映画館に向かうことにします。

見るのは「戦争と広島」をテーマに描いた作品である「この世界の片隅に」です。

そういえば沖縄も太平洋戦争時に激しい地上戦があったためか、割とデリケートな感覚の持ち主である筆者には沖縄にいるだけで何だかピリピリくるものがありました。

これが霊感ってやつなんですかね?

疲労が残っていたので寝落ちの心配がありましたが、最後まで寝ずに鑑賞できたし、とても良い作品のはずですが、あまり頭の中に衝撃が来ませんでした。

これは昨日の”過酷なロードレースへの挑戦の完走”という強烈な体験の余韻がまだ残っているのが原因っぽいですね。

これはもう1回見ないと駄目なパターンか?

映画を見た後は飛行機の出発時間が近づいているので空港へ向かいます。

空港に到着後、インストラクターさんとまさかの再開。

今日も飛行機内はツールドおきなわ参戦者が多そうですね。

しかし、ツールドおきなわは本当に最高だったなぁ。

これはハマりますね。

何回も挑戦している人の気持ちがわかりました。

またいつか挑戦したいですね。

そして東京に戻ったらやっぱり寒いんだろうなぁ。

おわり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする