筆者の1年を振り返ってみる

スポンサーリンク

ツールドおきなわの記事が未だに書き終わらない筆者です。

そんなこんなで2016年も終わりですね。

筆者もこの1年を振り返ってみました。

・今年立ててた目標とか

筆者が今年立ててた最大の目標はいきなりツールドおきなわ市民140kmへの挑戦と完走。

これが達成できて本当に良かった。

これのためだけに今年はロードバイクにほぼ全ての余暇時間を費やしてきたので何としてでも達成したかったのです。

しかしツールドおきなわがあまりにも最高すぎて、筆者の中ではツールドおきなわ以外のレースやイベントが割とどうでもいいと思えるような感じに・・・

恐るべしツールドおきなわ。

いつかは市民210kmに挑戦したいですね。

ちなみに次のツールドおきなわまで残り319日・・・

来年参加予定の方は今から乗っておかないと体作りは間に合いませんよー(笑)

ツールドおきなわ以外では那須高原ロングライドに参加できたのは良かったですね。

来年も参加したい。

あとはまだ記事にできていませんが、ちょっと前に小規模なクリテリウムレースで勝利、表彰台に立つこともできました。

いつのまにか筆者は貧弱ではなくなっていたようです。

なので筆者にとって十分すぎる1年でしたが、反省点としては先日の通勤中に転倒して怪我してしまい、しばらくロードバイクには乗れなくなってしまったことです(泣)

現在治療中・・・

けど、とりあえず死ななかったので良かったです。

やはり落車は怖いですね。今後は注意せねば。

・走行データとか

以下stravaより。

走行距離:約12,000 km

走行時間:約495時間

獲得標高:約82,000m

ツールドおきなわ完走後はほとんど乗っていませんが、今年は余暇時間のほぼ全てをロードバイクに費やしています。

平日も平均して2日くらいは短時間で強度高めのライド、週末は可能な限りで登りを含む150km以上の長距離ライドという生活を送っていました。懐かしい。

けど練習内容や練習効率には改善の余地が大分ありましたね。

あとはもう少し登っておくべきでした。

ツールドおきなわ市民140kmに挑戦するなら、たぶん毎月1万メートル以上は登っておくべきでした。

しかし独り身筆者の1年間の余暇時間ほぼ全てを集めても500時間くらいかぁ・・・

よく物事の上達のために”1万時間の法則”とか聞きますけど、社会人になってからそれに従おうとすることは非常に困難だということがわかりますね。

これは今後を考えるための良いキッカケにもなりました。

・ロードバイクに費やしたお金とか

はっきり申し上げますと計算したくありません(汗)

ロードバイクに乗り始めて間もない筆者ですが、この1年間で既にフレームやホイールを含めて機材を頻繁に買い換えましたし、食費や輪行も含めるとかなりお金を費やしました。

いきなりハイエンドフレームを買ったはいいが、サイズ選定を失敗していたというお話もあります(泣)

おそらく150万円以上は確実に使っているでしょう。

貧民筆者にはかなりキツイ金額です。

けれど悔いはありません。

費やしたお金以上のものは十分に得られた1年だと思っています(キリッ

来年はどうしようかなぁ。

とりあえずツールドおきなわの記事を続きを書かなければ・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする