初心者のいきなりツールド・おきなわ市民140km挑戦記【沖縄到着~名護受付会場】

スポンサーリンク

前回記事のつづきだよ。

羽田空港~那覇空港

ツールドおきなわ参加者の影響で荷物の積み込みが遅れたのか、飛行機は予定時刻より少し遅れて羽田空港出発。

機内はそれらしき人ばかりですね。

今日は朝早かったし、筆者は乗り物が割と苦手なのでとりあえず寝ることにする。

特に高度が下がっていくときの内臓が浮く感覚が苦手です。

羽田空港から2時間40分くらいで那覇空港へ到着。

羽田空港も混雑したが、那覇空港の荷物受取場所も混雑でなかなか荷物は出てこないですね。

p_20161112_094357

特にロードバイクは飛行機から運ぶのに時間が掛かるようです。

うん、やっぱり次回参加するときはロードバイクを事前輸送しよう。

その方が色々とスムーズですね。

しかし、ホイールバッグは面白いくらいSciconばかりです。

こりゃ、輪行ケースに目印付けて置かないと見分けが付かないですね。

Scicon – Aerocomfort 2.0 TSA バイクバッグ (Wiggle High5 Team モデル)

しばらく待って荷物を受け取った後はニッポンレンタカー那覇空港営業所へレンタカーを借りにいきます。

那覇空港からニッポンレンタカー那覇空港営業所まで歩くとかなり距離があるのですが、空港から送迎バスが出ていますので、それに乗って移動します。

レンタカー営業所で車を借りる手続きを進めますが、ここもツールドおきなわ参加者達で割と混雑

後の飛行機の時間帯だと更に混雑するらしいので、始発の飛行機で来てよかったと思いました。

今回は3人+荷物+ロードバイク2台を積んでホテルまで移動するので、ステーションワゴンをレンタル。

レンタカーを受け取った後は、大阪より飛来予定のキャノンボールさんを待ちますが、飛行機の出発が40分遅れたとの連絡が入る。

今日はどこの空港もドタバタしている模様、ツールドおきなわ参加者の影響があるのかもしれないですね。

しばらく待ってキャノンボールさんと合流。

改めて機材と荷物を車に積み直しますが、3人+荷物+ロードバイク2台を積むのはステーションワゴンでも結構ギリギリでした。

とりあえず名護に向けて出発~。

何だかんだで時刻は既に12:00くらい。

那覇空港~名護の受付会場

筆者、人生初の沖縄。

たぶんロードバイクに乗り始めてなかったら、沖縄には一生来ることはなかったでしょうね。

同じ日本のはずなのに、本州とは何だか雰囲気が違います。

目に入ってくる景色も普段と彩度が違う気がする。

p_20161112_115237

しかし沖縄は非常に良い天気。

陽射しが出るとキツいけど、カラッとした心地よい暑さと空気でいい感じです。

明日も洪水確率は0%らしい。

高速道路を使い、名護のツールドおきなわ受付会場へ向かいます。

・・・

なんか気持ち悪くなってきた・・・

乗り物酔いしてしまったようです。

たぶん飛行機に乗ってた時点で割とダメージを受けてた模様。

そこに車の揺れと気温差が加わって一気にグロッキー状態に。

いかん、明日完走できるか不安になってきた。

後部座席でぐったりしているうちに名護へ到着。

高速道路から降り、一般道で受付会場である21世紀の森体育館に向かいます。

受付会場付近は既に活気に溢れ、ロードバイクに乗って走っている人が何人もいますね。

210kmクラスのスタート/ゴール地点には既にアーチが設置されています。

p_20161112_135341

会場近くの漁港が駐車場になっているので、そこに車を停め、筆者はロードバイクを点検して貰うためにとりあえず組み立て開始。

エース様さんに協力して頂きながらリアディレーラーなどを一先ず取り付け、受付会場内にあるシマノのブースにロードバイクを持ち込んで点検依頼。

変速などは特に問題はなかった模様。

その後は体育館内でエントリーチケットと引き換えに、ゼッケンと参加賞を受け取ります。

会場の活気のおかげで気持ちが上向いた影響もあるのか、乗り物酔いからは若干回復。

エントリーチケットに付いていた食券を使って、会場内でソーキソバを食べてエネルギー補給、体調の回復に努めます。

今日は全国の有名なホビーレーサー達がここに集結しているはずなので、会場にはそれらしき人達が何人かいますねぇ。

食事を終えた後は市民140kmスタート地点付近、奥間ビーチのホテルに向かいます。

明日のレース後に奥間ビーチまで戻るのはシンドイよね、ということで必要な荷物だけ取り出して、この駐車場に停めておく事に。

エース様さんとキャノンボールさんはタクシーで、筆者はロードバイクで奥間ビーチのホテルへ向かいます。

1台のタクシーに3人分の荷物とロードバイク2台は詰むのは厳しい、また筆者は今回が初めての沖縄なので少しでも走ってレース前に道の雰囲気だけは把握しておきたいというのもあり、自走で奥間ビーチへ向かいます。

既に時刻は15:00過ぎくらい。

つづく

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする