ロードバイク初心者のツールド・おきなわ市民140km挑戦スペック

スポンサーリンク

p_20161110_095759

こんにちは。筆者です。

今週末にはツールドおきなわが開催ですね。

ツールドおきなわ市民140kmへ挑戦する前に筆者の現状スペックをまとめてみようと思います。

初心者筆者の現状スペック

ロードバイク1年生・初心者の筆者の現状スペックは以下の通り。

年齢:アラサー

身長:168[cm]

体重:64[kg]

BMI:22.7

体脂肪率:14[%]くらい

脚力:多少はある?

ライドテクニック・ペダリングスキル:全然ない

レース経験:3回

FTP:登りでたぶん260[W]前後

VO2max:たぶん310[W]前後

パワーウェイトレシオ:登りで4前後

閾値心拍数:170[bpm]前後

最大心拍数:182[bpm]前後(ここ1ヶ月)

機材重量:約7.6[kg]

コンポ:アルテグラがメイン

ギヤ:52/36T x 11/28T

クランク長:170[mm]

ホイール:F4Rチューブラー

急に寒くなってきた影響なのかいきなり太ってしまい、パワーウェイトレシオは4とかなり落ち込んでしまった。

食事量は特に変えていないのに何故なのか・・・。

しかも体脂肪率14[%]とか、おきなわ走る人としては割とデブだと自分でも思う。

体重コントロールって難しいですね。

現状のFTPは260[W]くらい。

乗り始めたときは220[W]くらいだったので、1年間で40[W]くらい向上した?

最初の計測が怪しい気もしますが、割と上がるものですね。

けど、ここから上げるのが大変そうだ。

ロードバイクのイントラクターさんによると、筆者は多少の脚力はあるみたいだけど、ライドテクニックとかペダリングスキルは全く無いらしい。

なので脚力のみで完走へ挑むことになりますが、ラインアウトと急ブレーキと落車だけはしないように気をつけます。

特に下りでは速度を出しすぎて山菜取りするハメにならないよう注意しよう。

筆者はトップ集団には絶対に付いていけないけど、第3集団あたりに何とか付いていければ完走できるか・・・?
 

1回目の普久川ダムの登りをどのくらいのペースで登れるかで、どの集団に属するかが決まってきそう。

FTP値ばかり気にするのはよくないかも

今更ですが、FTP値ばかり気にするのはよくないかもしれません。

FTP計測値やパワーウェイトレシオ計算値よりも、それなりの強度で100km以上走った後でも登りでパワーウェイトレシオ4倍以上出せるかどうかの方が重要な気がしてきました。

FTP計測値やパワーウェイトレシオ計算値が高かったとしても、2回目の普久川ダムの登り学校の登りでパワーウェイトレシオ4倍以上を出せなければ集団からたぶん置いていかれるっぽいのです。

なのでFTP計測値だけで考えてしまうのは良くないのでしょう。

筆者もいちおう練習だと100km走った後でもパワーウェイトレシオ4倍で登ることはできてましたが、おきなわ当日でもそれができるのか・・・?

後半タレてしまわないようなペース配分を意識せねば。

とりあえず今週は肉体回復のために通勤以外でロードバイクに乗るのは控えておこう。

あとはグリコのオキシドライブとオキシアップを飲んで酸素供給能力を強化しておきます。

ロードバイクに割と乗り始めたのは大体1年前くらいでしたが、この1年間は何だかんだであっという間に過ぎていったように感じます。

貯金と仕事以外の時間ほぼ全てをロードバイクに費やしたような気もしますが・・・

けど充実した日々は送れていたのかもしれない。

ツールドおきなわの後はどうしようかなぁ。

↓実際に市民レース140kmを走った結果

【データ分析】初心者のツールド・おきなわ市民140km完走データ概要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする