グリコのオキシドライブとオキシアップを使って体内の酸素運搬能力をサポートしよう

スポンサーリンク

kousyuu_iki_sawayaka

レースが近づくにつれて仕事が忙しくなる法則?に絶賛ドはまり中の筆者です。

けどたとえ忙しくて走れていなくても、レースに備えてできることがあると最近気づきました。

それは血中の酸素供給能力を見直すことです。

要は呼吸です。

以下、持久力をサポートしてくれるサプリメントについて。

持久系スポーツのためのサプリメント

グリコのエキストラオキシアップとオキシドライブは持久系スポーツのためのサプリメントで、

ロードバイク乗りの間でも噂になっています。

これらのサプリメントを使うことで簡単に酸素供給能力を上げることができます。

試してみましたが本当でした。

筆者はこれを飲んでおくと、高い心拍数になったときの辛さをあまり感じなくなりました

飲むだけで、割とマジで今までより速く走れるようになります。

ロードバイクも頻繁に走っていると、やっぱり血液とかが劣化しやすいみたいなんですよね。

筆者も走る距離を増やした影響なのか、筆者の今年の健康診断結果ではヘマトリックス値が減少していましたし。(食生活が悪かった可能性もあります)

なので、あまり走れていないときは血液性能を見直すチャンスかもしれません。

エキストラオキシアップとは

筆者がまず試してみたのはエキストラオキシアップです。

オキシアップは体内の電子伝達系エネルギー産生回路に着目したサプリメントとのこと。

含まれている成分は以下の通り。

・ヘム鉄
・コエンザイムQ10(CoQ10)
・アスタキサンチン
・ビタミンB群

上記の成分らが酸素の運搬、変換、活性酸素の除去という、体内に取り込まれた酸素が運動のエネルギーに変換されるメカニズムをサポートしてくれるようだ。

詳細は下記の公式ページに記載されていますね。

江崎グリコ|POWER PRODUCTION エキストラ・オキシアップ:

筆者の場合、オキシアップを1週間使ってみたところ、閾値領域での辛さに変化がありました。

筆者は閾値領域で走るのがとにかく辛い。

オキシアップを使ってからも閾値領域で走るのは相変わらず辛いのですが、その辛さに変化がありました。

オキシアップを使ってからはいつもより呼吸が楽になったのです。

しかも、いつもは心拍数170以上になった途端にとダメになってしまう筆者が心拍数170以上をキープできている・・・

呼吸に余裕ができたためか、そのときに辛さにも種類があることに気づきます。

呼吸(肺)、心臓、筋肉の3つの辛さです。

今までは閾値領域で走っているときはとにかく辛いだけで、何が辛いのかを考える余裕なんてなかったのですが、考える余裕ができたのはオキシアップのおかげなのでしょうか?

また呼吸が楽になったので、結果的には閾値領域の接続時間も延ばしやすくなりました。

閾値領域を維持しながら20分くらい登り続けようとすると、筆者は呼吸が続かずに大体最後の方でタレてしまうのですが、オキシアップを使ってからはそれが少なくなった。

なのでインターバルトレーニングの成功率も上げることができると思っています。

このサプリメントはもっと早くに知りたかった・・・

オキシドライブとは

次にオキシドライブを試してみました。

オキシドライブは今年に発売された新しいサプリメントです。
(オキシアップは2013年に発売)

オキシドライブの詳細については以下のリンク参照。

呼吸持久力を高めるパプリカキサントフィル

赤いパプリカの抗酸化成分『パプリカキサントフィル』を活用しよう

オキシドライブもオキシアップと同じように呼吸持久力、有酸素運動時の持久力が気になる人向けのサプリメントですが、成分が全然違いますね。

オキシドライブは酸素運搬に着目した素材、パプリカキトサンフィルだけでほとんど構成されています。

パプリカキトサンフィルにはカプソルビン、ククルビタキサンチンA、カプサンチンというカロテノイドと呼ばれる成分が含まれており、これらのカロテノイドはカロテノイドの中でも特に強力な活性酸素消去活性を有しているとのこと。

ちなみに活性酸素は、人が活動するために体内でエネルギーを生み出す際に発生し、そして活性酸素は酸素の運搬・脱着を繰り返す赤血球に障害を与えやすいと考えられているようだ。

オキシドライブはこの活性酸素を除去し、酸素供給能力の向上をサポートしてくれるらしい。

ちなみにオキシアップにも鮭などの身に含まれるアスタキサンチンというカロテノイドが含まれていますが、下記URLのデータによるとパプリカキトサンフィルに含まれるカプソルビン、ククルビタキサンチンA、カプサンチンの方が強力な抗酸化力を持っている。

筆者はオキシアップを飲むのを一旦中止して、1週間ほどオキシドライブのみを摂取してみたところ、オキシアップと同じくらい呼吸の辛さを感じなくなりました。

海外のサプリメントとうまく差別化を図った、優れた商品だと思います。

オキシアップとオキシドライブの違い

オキシアップとオキシドライブの違いについて、筆者の言葉でまとめてみると以下の通り。

オキシアップ・・・酸素の運搬、変換、活性酸素の除去をサポート

オキシドライブ・・・活性酸素の除去のサポートに特化

グリコに問い合わせてみたところ、普段使いはオキシドライブ、レースなどの特別なときにはオキシアップがおすすめとのこと。

オキシアップとオキシドライブの同時摂取で成分が相殺されることはないようなので、同時摂取してみるのも有りかもしれません。

これらのサプリメントの機能を体感するには、普段サプリメントを使用していない人だと2週間ほど掛かるようだ。

筆者のように普段からサプリメントを使用している人の場合は1週間ほどで体の変化を感じることができるらしい。

ただ、オキシアップとオキシドライブで心臓と筋肉の辛さには関係なさそうなので、元々呼吸が強い人は使っても変化を感じにくいかもしれませんね。

オキシアップとオキシドライブはAmazonで手っ取り早く、しかも割引価格で購入できるので試してみたい人は是非。

今から使えば、おきなわ当日までにギリギリ間に合うかもしれません。

筆者もこれのおかげでCPのおきなわ対策練も完走できたし、おきなわ本番も大丈夫と信じたい・・・

おきなわまであと2週間ちょい・・・

体重増えました(哀)

仕事がクソ忙しくなってきて、最近ロードバイクでちゃんと走れていません。(言い訳)

あまり走れていない場合は、なるべく体重を増やさないことを心掛けようとしているのですが、仕事が忙しいとストレス解消のためについつい食べてしまうんですよね・・・