沖縄までのロードバイクの運び方【ツールドおきなわ】

スポンサーリンク

gatag-00008909

※実際にツールドおきなわに参加して思ったのは、当日の空港はツールドおきなわ参加者達でロードバイク預け用受付は非常に混雑、受け渡しまでにかなり時間が掛かります。

なので可能な場合、飛行機輪行よりも事前輸送しておいた方が当日スムーズに動けます。

筆者はレースのために東京から沖縄まで移動する必要がありますので、そろそろ沖縄までのロードバイクの運び方を考えなければ。

飛行機輪行

レース後、直ぐに飛行機で自宅へ向かう人は以下のようなバッグを準備して、飛行機輪行すればいいと思います。

筆者の泊まるホテルはレース当日、ゴール地点に荷物を運んでおいてくれるらしい。

Scicon – Aerocomfort 2.0 TSA バイクバッグ (Wiggle High5 Team モデル)

↓より安心なハードケースタイプも。高いけど。

Scicon – AeroTech Evolution TSA Hardshell バイクケース

輸送サービス

けど筆者はレース後、折角だから名護あたりで一泊して、翌日はロードバイクで那覇まで走りつつ沖縄観光して帰りたいなぁ~と思っています。

そのために命懸けで有休取得しましたし。

なのでレース後のロードバイクでの移動を考えると、飛行機用の輪行袋で行くと輪行袋自体が邪魔になると思うのでたぶん駄目。

けど、西濃運輸に自転車輸送便というサービスがあるので、筆者にとってはこれが良さげ。

西濃運輸 | カンガルー自転車輸送便

見た感じ、ロードバイクの輸送にも対応してます。

輸送用の箱はレンタルすることもできるようだ。

問題は沖縄から帰るときの運び方ですね。

筆者はゴール地点からもロードバイクに乗ってホテルまで移動、翌日もロードバイクで移動する予定です。

しかし、沖縄現地でロードバイクを持ち込んで発送対応してくれるところはあるのでしょうか?

とりあえず調べてみたところ、那覇空港の近くに沖縄西濃運輸というのがありましたので電話問い合わせてみました。

どうやら沖縄西濃運輸は西濃運輸の沖縄営業所のようです。

ロードバイクの持ち込み発送対応は可能か聞いてみたところ、予めロードバイク輸送用の箱を送っておいて頂けるのなら対応可能とのこと。

なので筆者は東京から沖縄のホテルまで輸送するのに使用した箱を、レース前に沖縄西濃運輸宛で発送しておいて、翌日にロードバイクを持ち込んで東京まで配送してもらうという算段を考えています。

とりあえず、レースの10日くらい前には東京からロードバイクを発送しとこうと思います。

これでもう沖縄までロードバイクをどうやって運ぶかを考える必要はなさそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする