第5回GSR CUPクリテリウム反省会

スポンサーリンク

第5回GSR CUPのクリテリウムに参加してきました。

初クリテですが、筆者は調子に乗ってチャンピオンクラスでエントリーしてしまいました。

レース当日・・・

第5回GSR CUPは筆者の地元でもある千葉県、袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催のため、総武線快速で輪行して会場に向かいます。

五井駅から小湊鉄道に乗ることで袖ヶ浦フォレストレースウェイ付近まで行けますが、地味に運賃が高かったので、五井駅から自走で向かうことに。

しかしここで、まさかの事態発生。

サイコンが無いぞ・・・

盗まれたか!?

ロードバイクを分解して輪行袋に詰めている最中に落としたか!?

筆者は深い悲しみに包まれましたが、今は考えてもどうしようもないので、とりあえず袖ヶ浦フォレストレースウェイに向かいます。

クリテリウム時のデータ取りたかったなぁ。

そして袖ヶ浦フォレストレースウェイに到着。

本当に森の中にあるサーキットです。

かなり近くまで行かないとサーキットがあるとわかりません。

IMGP4608

エントリー費用とは別にサーキット入場料を払って会場入りします。

会場内は企業ブースもあり、中々の賑わいです。

さすがエントリー費用が高いだけはある。

ゲストで片山右京氏やチーム右京のメンバーの方々も来ていました。

IMGP4609

筆者の知人達も参加しているとのことなので、ピットへ顔を出しに行きます。

ついでにキャラクタージャージも借ります。

今日の筆者はチーム右京のミクミクジャージです。

クリテリウムのチャンピオンクラスのレースが始まりそうなのでスタート地点に並び始めます。

・・・

なんか異常に太ももがぶっとい人だらけなんですけど・・・

筆者の頭より絶対太い。

何これ怖い。

貧弱な筆者がガクブルしているうちにクリテリウムのチャンピオンクラスがスタート。

ローリングスタートなので、1周してからレースはスタート。

まずはゆっくり1周かと思っていましたが、いきなりハイペース。

今思い返せば、位置取り合戦はこのときから始まっていたのですね・・・

コースにはアップダウンがあり、1周で3回くらい短い坂を登ったり下ったりします。

坂の斜度は7%くらいあるので、これがキツかった。

サーキットを1周後、とうとうレースがスタートします。

風が強かったので、直線部では長い隊列ができます。

風が強いためか、チャンピオンクラスだからなのかはわかりませんが、いきなりの激しいペースアップとか激しいアタックとかはなく、お互い牽制っぽい状態が続きます。

ただずっとハイペースは続くので、とにかくツライ。

貧弱筆者はただ耐えて付いていくのみ。

途中、筆者の近くで落車が2回あったのでちょっとビビリました。

直線部と緩やかなカーブでいきなり落車が発生したので、ちょっと奇妙に感じましたが、前方車両への接触によるパニックブレーキが原因なのでしょうか。

集団はラスト1周まで大きな動きはありませんでしたが、ここまま終わる訳はないので、徐々に緊張感が高まります。

けど筆者は前の方に陣取れてないので、おそらく勝負には絡めないだろうなぁと思っていたところ、コース内2回目の登り終わりで誰かが勝負を仕掛けました。

筆者は反応しきれなかったので、筆者のレースは実質ここで終了。

これがクリテリウムかぁ・・・と実感した瞬間でもあります。

筆者がここからできることは1つだけ。

自分の順位をどこまで上げることができるかです。

脚は既に売り切れ状態でしたが、最後の気合で走り切ります。

結果は7位でした。

この順位をどう捉えるかで、筆者の今後は大きく変わってくるような気がします。

ゴール後は共にレースを走った方々と雑談しながら流しで1周。

6位の方はおきなわ210km完走者でした。

チャンピオンクラスはやっぱり怖い人達ばかりですね・・・

筆者は今回がクリテリウム初参加でしたが、個人的には結構好きかもしれない。

おきなわ終わったら今後はクリテリウムに絞っていこうかなぁ。

次は勝ちにいきたいですね。

貧弱筆者にチャンピオンクラスはまだまだ無理だと思うので、次回は大人しくアスリートクラスでエントリーしようと思います。

その後は南房総の狩野山へ登りに。

しかしサイコンはどこへいった・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする