ラーメンでダイエット【ツールドおきなわ減量対策】

スポンサーリンク

DSC_1589

ツールドおきなわまであと3ヶ月。

ツールドおきなわではアップダウンの激しいコースを走り続けるから、可能な限り体重は落としておきたい。

ただし、体重と同時にパワーが落ちてしまったら意味が無いので、その点には注意する必要があります。

では痩せるためにはどうすれば良いのか?

結局のところ、総摂取カロリーを抑えていくしかなさそうですが、それが簡単にできていたら今更苦労はしていません。

筆者はちょっとした空き時間に何かしらお菓子を食べてしまう心の弱い子なんですぅ・・・

(だから中々痩せないんですけどね)

どうすれば良いか悩んでいたところ、偶然にも面白い工夫を紹介しているサイトを見つけました。

なるほどダイエット(メタボ対策-減量術)

読んでみて、なるほど・・・と思いました。

別名:ラーメンダイエットといったところでしょうか。

筆者はラーメンをよく食べているので、参考にして実践してみようと思います。

●ラーメンでダイエットする方法

なるほどダイエット(メタボ対策-減量術)で紹介している方法を簡単に言ってしまえば、ラーメンの麺を半分をこんにゃく麺しらたきに置き換えるだけ。

脂肪の摂取を抑えるためにスープの小袋は冷蔵庫で冷やし、スープからラードを分離させて取り除く。

ついでに栄養もまとめて摂取できるようにカット野菜とハム(脂身は取り除く)なども一緒に茹でておく。

これだけ。

通常の食事をこれに置き換えるだけ。

なるほど・・・男ならではのダイエット方法ですな。

確かに、このレシピならローコスト且つシンプル且つ飽きにくそう。

摂取カロリーも抑えられそうです。

問題は味や触感ですね。

●試しに作って食べてみた

試しに1食つくって食べてみました。

以下感想3点。

①スープからラードを抜いても味に大きな変化はなし。

②半分は普通の麺が入っているため、しらたきの触感もあまり気にならなかった。

③満腹感は十分得られる。

小袋のスープからラードを抜いたので、スープが不味くなるんじゃないか?と心配していましたが杞憂でした。

むしろ味の変化は殆ど感じませんでした。

また、筆者はしらたきの触感があまり好きではありませんが、

半分は普通の麺が入っているためか、しらたきの触感がかなり誤魔化されるようです。

もう割と普通のラーメンです。

これはかなり以外でした。

しばらくは朝食か夕食をこのダイエットラーメンに置き換えてみようと思います。

筋肉量は落としたくないのでプロティンでたんぱく質を多めに摂取していこうと思います。

懸念点といえば、ラーメンは塩分が多いので、これを続けていくと塩分の取りすぎに陥りやすい?かもしれませんね。

ただ、筆者は現在、週3回以上はロードバイクに乗って汗をかく日が多いので、塩分多めの方がある意味ちょうどいいのかもしれません。

●食材の御紹介

筆者は試しに普通のラーメンで1食作ってみましたが、現在の季節は夏。

やっぱりこの季節に普通のラーメンは暑い・・・

なのでしばらくは冷やしラーメンでやってみるつもりです。

冷やし中華やざるラーメンでやるのもいいかもしれませんね。

麺の半分を白滝に置き換えるので、普通の麺が半分残りますが、続けていると小袋スープが先になくなって普通の麺が余ってしまう。

そんなときはラーメンスープを単体で購入して使えば、余った麺も有効活用できると思います。

しらたきはスーパーで都度購入しようと思っていますが、それはそれで面倒且つ嵩張るので、上記のような乾燥糸こんにゃくをまとめ買いするのも有りかと思います。

紀文の糖質0g麺はラーメンに飽きてしまったときに使えそう。

これならパスタやうどん、焼きそばもできますね。

評判が良いらしいので、今度試してみようと思います。

触感や味に期待。

さあ、レッツ、ダイエット。

筆者は現在、体重63.5[kg]・・・

どこまで落とせるか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする